人大ボラ連世話人会によるミニ懇談会(第1弾)報告

江戸川区児童相談所の開設について


 

従来は4学科を対象に懇談会を行ってきましたが、今回は学科で分けることはせず、多くの方々に知って頂きたく講師の方をお招きして「江戸川区児童相談所の開設について」の講演を行ないました。

 

  • 開催日時:3月25日(月)13:00(開場)13:30~15:00
  • 開催場所:篠崎文化プラザ第2講義室
  • 講演内容:「江戸川区児童相談所の開設について」
  • 参加者 :31名
  • 講師  :江戸川区子ども家庭部児童相談所開設準備担当課課長
    •    木村浩之様

 

 

【江戸川区に何故設置されたか】

今までは江東児童相談所で江戸川区、墨田区、江東区を管轄していましたが、相談の半数は江戸川区で占めています。平成22年に痛ましい事件が起こった事もあり、深い反省のもと平成28年に児童福祉法が改正になった時江戸川区に特別区として設置が可能となりました。

 

 

【江戸川区児童相談所の特徴】

  • 指示系統の一元化
  • 支援対応の一元化
  • 窓口の一元化

とにかく児童相談所と地域、関係諸機関との連携を密にすることです。

 

 

【里親制度のDVD上映】

子ども達が安心・安全に暮らせるよう里親制度の必要性の実録のビデオ上映。

 

 

【質疑応答】

30分弱でしたがたくさんの質疑応答がありました。

 

 下記の通りです。

 

 

 ↓右上のポップアウトボタンをクリックすると拡大できます


講師 小林浩之様
講師 小林浩之様