クラス幹事会の様子ご紹介します

 8月8日(月)は第9期だけで集まる最後のクラス幹事会でした。会議の様子をご紹介します。 クラス幹事会は、同窓会会員の中から選ばれた各クラスの幹事で構成されており、任期は10月から翌年9月までの2年間となっています。1年毎に奇数・偶数期の幹事が交代して事業の継続性を持たせています。 来月9月はその引継ぎ期間にあたり新旧合同のクラス幹事会となります。

 


 【 次 第 】

  1. 会長あいさつ
  2. 各部会に分かれて話し合い
  3. 報告・審議事項

 午後1時半より江戸川総合人生大学講義室に総勢37名のクラス幹事出席のもと、会議が始まりました。午前中に総務部会が準備した11種類の資料を受付で受け取り会議に臨みます。クラス幹事になられた方の負担軽減のため、全体会議と部会での話合いを同日に行っています。会長あいさつの後、早速各部会に分かれての話合いに入りました。

※写真はクリックすると拡大します

 部会での話合いの後、各部会長・代表からそれぞれの組織の報告や審議を行い、活発な意見交換がなされました。今回は、役員の任期の問題と10月の同窓会総会での役割分担の話合いに時間を割きました。大学事務局からは、大学祭協力のお礼、第11期生卒業式の案内(9月16日タワーホール船堀)と第13期生募集への取組み・協力依頼がありました。

 話合いの結果は書記によって議事録にまとめられ、メーリングリストでクラス幹事にお知らせすると共にホームページの会員のページで共有されています。クラス幹事が必要に応じて各クラスの会員に情報をお知らせします。

 

 同窓会の活動にご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。