第一回「おためし美術くらぶ」「みんなの書道倶楽部」開催

第一回『おためし美術くらぶ(水墨画)』『みんなの書道倶楽部』同時開催

2016年7月16日(土)「おためし美術くらぶ」と「みんなの書道倶楽部」が同時開催されました。第一回目となったこの日の参加者は両クラブとも2名づつのでした。両方の講師をお引き受けくださった江連孝厚先生のご指導のもと、ともかく書いてみることに。水墨画と書道を同時に見ることができるので、筆使いや構図など、お互いが参考になることもたくさんありました。時折冗談も交えながら、日本の文化にまで話が及び、あっという間の2時間30分でした。

 

『おためし美術くらぶ』

まずは墨を磨るところから始まります。心を落ち着かせ気持ちを切り替える上でも重要な時間です。基本の竹を描いてみますが、実はこれが一番難しい・・・先生がお手本を説明しながら描いてくださるので、良く解かります。


『みんなの書道倶楽部』

いつもは何気なく書いている「字」。こんなに一つ一つに意味があるなんて、驚きです。同じ「一」でも前後の文章によって違う字を書く?日本の長い歴史に培われた文化の象徴。奥の深さを感じます。


お手本