江戸川総合人生大学とは

ホームページこちら

江戸川総合人生大学は、これまでの人生経験や知識を活かして、社会貢献を志す皆さんを応援するために、2004年に江戸川区が設立した学びと実践の場です。

※学校教育法上の大学ではありません。

紹介ビデオ

  • 江戸川総合人生大学10周年記念江戸川区広報番組
  • 「まちを支える大樹となり 未来に輝く実を結ぶ 開学10周年 江戸川総合人生大学」 (21分19秒)
  • 2014年10月1日公開、制作・著作:江戸川区

■ 北野 大 学長 


江戸川区には、下町の心豊かであたたかい地域社会をはじめとして、これからも守り育てていきたいことが沢山あります。そのためには、区民のみなさんが、自分らしい地域との関わり方を見つけ、自分の経験と知恵を出し合い、お互いに生きがいをもって社会に貢献していくことが理想です。

たとえ、小さなことであっても、一人ひとりが自分のできることから始めると、いずれ地域を支えるひとつの大きな力となります。小さく産んで大きく育てる。時間をかけて継続していき、みなさんと共に実りをより大きなものにしていきたいと思います。

■ 大学の基本理念(建学の精神)


(1)「共育」「協働」の社会づくり

総合人生大学は、区民が地域の課題を発見・認識し、その解決に向けて互いに知恵を出し合い、社会貢献へとつなげられる学びのシステムをつくり、こうした住民に支えられる「共育」「協働」の社会をめざします。


(2)「ボランティア立区」の推進

総合人生大学での学びの中心は実学です。ひとりでも多くの方が、学びの成果を地域に活かしていくことで、区民の活動に支えられる「ボランティア立区」の実現につなげていきます。


(3)「地域文化」の創造と継承

総合人生大学は、江戸川区固有の産業、歴史、自然等の学びを通して、地域を理解し、地域の新しい文化を創造するとともに、その魅力や誇りを次代に継承していくことをめざします。